せどりの仕入れ場所公開!バイヤーとの違いについて

せどりの仕入れ場所公開!バイヤーとの違いについて

せどりの仕入れ場所公開!バイヤーとの違いについて。

坂本よしたかです。私はせどり業界の中でバイヤーとして一つ広い意味で動いています。なぜせどりをやらないのか。それには明確な理由があります。今回の記事ではせどりをする人々(通称せどらー)が仕入れる場所を公開します!その上でバイヤーとしてなぜ私が動いているのかを考えて吟味していただけたらと思いますのでよろしくお願いします。

1.せどらーの視点
せどりと言う言葉一つにしても千差万別なやり方が存在します。大きく分けて新品と中古、店舗と電脳、ヘルビや家電日用品などのジャンル別などの分類方法がございます。また大量購入や商品点数展開、リピート購入など在庫の買い方で分類されることもあります。それぞれについて簡単に解説していきます。

2.それぞれの分類の詳細
新品せどらーは新品を取り扱っている小売店を回ります。昔ながらのセールを狙うほか、最近の主流とすればクーポンでの値引きテクニックやポイントで値段を落とすなどがあります。最大のメリットは高回転ということです。売上が伸びるので信用情報としても良いため、事業計画を組んで融資を引くなどの計画が立て易いのも特徴です。

中古せどらーはリサイクルショップやフリーマーケット、廃品回収、ジモティなどの無料掲示板などを利用して中古商品を集めます。ヤフオクやAmazonでの販売のほかメルカリにもと多数販路を構築し易いのが特徴です。さらに利益率が高いのも特徴です。ですが梱包発送が大変なのが最大のデメリットとなります。

******

店舗せどり
店舗を実際に回り安いものを買って来るせどりを指します。
電脳に比べて利益率が高いことが多いのも特徴の一つです。
電脳せどり
ネットショップやオークション、メルカリなどで仕入れるインターネットでの仕入れで転売することを総称して電脳せどりと言います。販売代行に直送することで商品を手に取ることもなく右から左のスキームを組むことができる効率的なスタイルになります。しかしながら店舗に利益率で劣ることが多いのも特徴です。

******

■ジャンルによる区分

ヘルビせどり
ヘルス&ビューティ系のジャンルを扱う方を指します。リピート購入でき回転の早い商品群が多く、さらに以前までは規制が厳しいブルーオーシャンなジャンルでした。現在は規制も緩和され多くのせどらーが取り扱っています。こちらAmazonでは中古出品できない、新品のみの扱いとなるジャンルです。
家電せどり
家電量販店での交渉やネットショップなどで家電を仕入れて来ることです。家電の特徴としてセールにより物によって値崩れを起こすことが多々あるという反面、セール時の利益率が高く高回転でそのまま売り抜けることもあるせどりにあったジャンルです。

挙げていったらきりがありませんのでこれくらいにしておきます。

*******

■大量購入
少ない商品を買いきって値段を落とさせないで大量に売り捌くノウハウです。この購入方法を私坂本よしたかは使って2年で売上2億を達成することができました。

商品点数展開
中古せどらーによくみられる買い方で、購入の効率こそ悪いものの、在庫保管スペースさえあればロングテールで高利益率のものが売れるのでかなりの利益を見込めます。中古製品は一点物がほとんどになりますので多数商品展開という形に自然となります。

リピート購入
リピート購入は基本的にネットショップ仕入れや通知ツールのリスト化で同じ商品を買うという流れになります。過剰な在庫を持つ必要もないので一旦リストさえできれば比較的簡単に仕入れができるようになるでしょう。

3.仕入れ場所
仕入れる場所は取り組みたいジャンルや買い方考え方によって変わるこがご理解頂けたかと思います。では今回は特別に坂本よしたかのオススメのバイヤーの買い方を教えましょう。

4.バイヤー
坂本よしたかは裏の視点を持ちます。一つヒントをいうと「せどり」は「安く買って高く売る」これが原理原則なわけです。ですのでこの「安く買う」というのはバイヤー視点でいう「交渉力」にあたるわけです。

・・・おっと、ついついちょっと大きなヒントを与えすぎました(笑)
続きは考えてみてくださいね。自分の思考をめぐらせて視野を拡げていきましょう。

今回の記事は以上になります。
せどりを極めてからバイヤー仕入れ極めましょうね。

今後とも坂本よしたかをよろしくお願いします。

転売最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

せどりテクニックカテゴリの最新記事