坂本よしたか直伝せどりでの確定申告

坂本よしたか直伝せどりでの確定申告

坂本よしたかです。日々せどりの指導を実践している中で確定申告についてのご質問が多々ありました。その中でもいくらから申告が必要なのか不安に思う点がありましたのでそちらに関してまとめました。

皆さんが思う「不安」はズバリ「申告漏れ」ですよね!やはり脱税とか未申告になってしまうのでは?という不安もあると思います。少し知識がある方は「個人事業主はばれない」とか「稼いでなければ税務署はこない」といいますが、実際に未申告になると税務調査が入る例はあります。その際は電話がきて、その後訪問という流れになります。
脱税についてですが告げ口されてみつかってしまって追徴課税される例もあるほどなので、あまり周囲の人に、「稼いでいる~」とか言わない方がよいのは当然です(笑)

ですが今回はそんな切っても話せない税の話についてお話しましょう〜

1、せどりの業種は?

大きく言えば「小売業」に当たります。

中古転売の場合「ネットショップでの物品販売」「リユース事業」「中古品販売」などの言い方をします。

「せどり」は通じません。

2、いくらから確定申告が必要なのか

「経費を抜いて20万以上の利益額になる場合」申告が必要になります。「経費」はその業務に必要な経費は経費として計上できる範囲です。

領収書やレシートは紙に貼って保管しましょう。月別にまとめておくといいです。そして勘定項目別に集計しておくと申告時に楽ですのでそうすることをお勧めします。

3、申告の種類

原則として複式簿記方式を使って、毎日の取引を帳簿へ記帳し、それに基づいてあなたの所得を申告することを「青色申告」と言います。
青色の場合は税務署に申請書類を提出し承認を受けることが条件になるので、圧倒的に確定申告の信用度も高いです。

一方で「白色申告」とは、青色でない人が使用する申告を言い、単式簿記方式で帳簿に記録をしていきます。

また提出書類も大きく違い、青色申告は「所得税青色申告決算書」、白色申告は「収支内訳書」を提出するので大きな違いがあります。

また、青色申告で赤字となった場合還付の申告または3年赤字を繰り越せるというのもメリットです。ビジネスを3年もするとせどりから情報発信に移行して爆発的に稼ぐ方もいますのでその際に赤字を経費相殺できるわけですね。

4、仮想通貨について
仮想通貨に限っては現在雑所得となる為通算できないので注意してください。人によって意見も変わりますのでその辺り詳しいことは税務署またはお近くの行政書士・税理士さんに相談しましょう。

私のオススメは仮想通貨に詳しい税理士さんに任せることです(笑)

今回の記事は以上になります。
しっかり申告はしていきましょうね。

今後とも坂本よしたかをよろしくお願いします。

転売最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

せどりテクニックカテゴリの最新記事