坂本よしたか【年末商戦はトレンド狙い】

坂本よしたか【年末商戦はトレンド狙い】

坂本よしたかです。プレ値商品の再販。これは一般的にせどらーにとっては怖いことです。 ただし、再販を恐れて仕入れができないのはもったいないので 再販の傾向というものをしっかりつかみましょう。 また、再販情報というのはメーカーに問い合わせれば普通に教えてくれます。 メーカー側からすればお客様からのお問い合わせですので 丁寧に対応してもらえますよ。 ですが、あくまで予定ですので、再販の予定がなかったものが いきなり翌月に再販されたとか、そういったことも普通にあります。 そのため、再販についてはシリーズごとや メーカーごとの特徴を覚えていくのが大切になってきます。

Amazonに「この商品には新しいモデルがあります」という表記が Amazon の商品ページにあれば、その商品は廃盤です。 ですが、これは誰でも分かる情報ですので、 みんなと同じような情報だけでは、みんなと同じくらいしか稼げません。

例えばプラレールのシンカリオンの場合は 「この商品には新しいモデルがあります」という表記が Amazon ページにありません。(あとから、付く可能性はあります)

ですが、似たような商品で新しい商品が発売が予定されていましたので 廃盤となるであろうことは予測できます。 実際には「この商品には新しいモデルがあります」という表記が付いてないけど 廃盤となっている商品というのは Amazon に無数にあります。 こうした商品を再販があるかないかどうか 自分で予測が付くかどうかが、ライバルと差をつけて稼ぐために重要になります。

また、こうして再販の予測ができると、もうひとつのメリットとして、 シンカリオンの場合は逆に「DXS」と付いている新しいシリーズは仕入れ対象から外すことができます。

この新しい「DXS」シリーズの商品ですが、発売直後 少しだけプレ値になっていた期間があります。(そして出品者も増えてます) ですが、すぐに Amazon が在庫復活し、その後はずっと定価以下です。 あなたが、新しい商品と古い商品の判断が付くようになれば、 こうした無駄に赤字になる商品を仕入れることはありませんね。

ですので、基本的に傾向管理は大いに役立つことがご理解できますでしょうか?

まずはバンダイですが、とにかく生産量が多いです。 そして、やっかいなことに おもちゃに関しては予告なしにいきなり再販をしてきます。 そのため、実はバンダイのおもちゃに関しては 発売から何年もたってプレ値になっている商品は別ですが 新しい商品でバンダイ製品はリサーチ対象から外してかまわないです。

タカラトミーは再販に関してはバンダイと違い、再販のアナウンスをすることが多いです。 また、再販を決定してから(アナウンスしてから)実際の再販までは 3~4 か月程度かかることも多く、バンダイに比べると再販は遅い印象です。 ※ベイブレード関連の商品については新しい商品は バンバン再販してきますので注意が必要です

また、もう一つ深いところを言うと、「戦隊シリーズ」「プリキュア」「仮面ライダー」などのシリーズ作品は、 基本的には旧商品は再販されません。 また、最終回が終わると古い商品は売れづらくなるため、 メーカーとしても最終回が近づいてくると再販はしにくくなる傾向があります。

主要シリーズの放送周期は以下の通りです。
「戦隊シリーズ」・・・1月末終了
「プリキュアシリーズ」・・・1月末終了
「仮面ライダーシリーズ」・・・10月終了

つまり、せどらーとしては、この商品の入れ替わりの時期を 意識して仕入れをすることが重要になってきます。

今回は以上になります、いかがでしたでしょうか?
トレンドの傾向を意識してみるだけで大きく稼げる可能性があ流ということです。参考になりましたでしょうか?

坂本よしたかの転売ビジネス最新情報はメルマガ登録へ

坂本よしたかカテゴリの最新記事