坂本よしたか【せどりで稼いだ時の確定申告】

坂本よしたか【せどりで稼いだ時の確定申告】

坂本よしたかです。せどりを副業にして稼いでいる人も増えてきました。
当然ですが、せどりで得た利益にも税金がかかってきます。
給与所得のようにマイナンバーと紐付けされていないので、ばれないでしょと安易に考える人も多いですがそうではありません。
ばれた時には大変なことになりますので、しっかりと確定申告をするようにしてください。

では、せどりの税金について考えていきましょう。
まず得られる収入が、せどりによる利益のみの場合です。
この場合は事業所得として申告すると、年間で38万円までは控除を受けることができます。
仮に年間の利益が20万円でも、確定申告をしない場合は売り上げが利益とされるケースもあるので注意してください。
ここで言う利益とは、売り上げから経費を差し引いた額のことを意味します。
経費として認められるのは仕入れ代金、仕入れのためにかかった交通費、販売のためにネットショップなどを利用した場合の手数料などが該当します。
売り上げの金額からこれら経費を差し引いて、38万円以上であれば必ず確定申告をしてください。
ちなみに青色申告をすることで、38万円にプラスして65万円の控除を受けることができます。
ただし、青色申告をするには複式補記で帳簿つけたのみです。

次に、せどりでの収入以外に給与所得がある場合を考えます。
このケースでは本業での収入があるため、申告する時の分類は雑所得となるのです。
副業であるせどりの収入の方が多い、何年も継続しているとなると事業所得として認められることもあります。
ただ、始めたばかりの場合は雑所得としておいた方が無難でしょう。
この雑所得では年間で控除されるのは、20万円以上となります。
利益の計算については上でお伝えした通りです。
控除される額の上限が異なってくるので、注意してください。
20万円以下の場合は確定申告をしなくても大丈夫です。
これは、サラリーマンの特権だと言えるでしょう。
ただ年間で20万円以下となると、月の稼ぎにすれば2万円も利益がでればアウトです。
副業として始めた場合は、簡単に超えてしまう額でしょうから、ほぼ確定申告をしなくてはいけません。
サラリーマンの場合は、会社が副業を禁止しているケースがあります。
そのため確定申告でバレるのではと不安になるかもしれませんが、確実に行うようにしましょう。
禁止されているとしても、事前に上司と相談するなどで認めてもらえることもあります。

せどりで稼いだ時の確定申告についてお伝えしました。
バレないと安易に考える人も多いですが、税務署がその気になればすぐにバレてしまいます。
ですので、万が一のリスクを考えれば正直に確定申告した方が無難でしょう。

せどりで儲けても困らないテクニックは坂本よしたかのメルマガへ。

坂本よしたかカテゴリの最新記事