坂本よしたか 仕入れ店舗見極め 地域にしかないようなマイナーお店

坂本よしたか 仕入れ店舗見極め 地域にしかないようなマイナーお店

こんにちは!坂本よしたかです。

実店舗でせどりの仕入れをする時に、最もお勧めしたいのが地方にしかないマイナーなお店です。
都市部には店舗が豊富ですので、仕入れはしやすくなります。
しかし、反面でライバルが多いので、どうしても早い者勝ちになってしまう面があるのです。
そうした時に、地方のマイナーなお店を仕入れ先として持っているかどうかが重要になります。

では、どうして地方のお店がいいのでしょうか。
シンプルな話ですが、競合するライバルが少ないのが最大のメリットになります。
基本的に地方は都市部よりも人が少ないため、人気の商品が売れ残っているケースも珍しくありません。
例えばせどりで人気なのが、コンビニなどでたまに行われるクジがあります。
都市部では人も多いため、クジがすべて売れてしまい、景品もはけてしまうのがほとんどです。
しかし、地方のお店ではクジが売れ残るため、景品そのものが安く売りに出されることも珍しくないのです。
他にもマイナーなお店だと、少し前に人気だった商品が格安で売られていることもあります。

このように地方のマイナーなお店には、都市部にはないお宝が眠っている可能性があるのです。
当然、すべてのお店で同じように、商品が残っている訳ではありません。
しかし、遠征をしてでもお店を回るだけの価値は、十分にあるはずです。
マイナーお店とまではいかなくても、チェーン店でも都市部より仕入れになる商品が残っている可能性もあります。
せどりを成功させるには、ライバルがなるべく少ない商品を仕入れることが大切です。
そのために地方のお店を仕入れ先としておくのは、大きなメリットになるでしょう。

ちなみに地方のお店の場合、店主と仲良くなると色々と融通をきかせてもらうこともできます。
セールの時期を前もって教えてもらえますし、仮に閉店するともなると、優先的に品物を売ってくれることもあります。
チェーン店ではできないことですが、地方のお店は個人店が多いので、こうした対応をとってもらえるのです。
そのため、人の居ないお店だからといって、傍若無人に振る舞うのではなく、節度をもってあたった方がいいでしょう。
せどりをするにしても、お店や他のお客さんの迷惑を顧みずに、行動をする人もいますので、十分に注意しておくのをお勧めします。

せどりをするのなら競合の少ない仕入れ先を、1つは持っておきたいものです。
そんな時に候補になるのが、地方にあるマイナーなお店でしょう。
個人店が多いので、仲良くなれば色々と融通をきかせてもらえますので、迷惑行為は避けるように行動してください。

坂本よしたか

坂本よしたかのせどりメルマガへ

せどり情報集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事