坂本よしたか ドンキでせどりをするメリットデメリット (1)

坂本よしたか ドンキでせどりをするメリットデメリット (1)

こんにちは!坂本よしたかです。
ドンキでせどりを行う場合にはメリットとデメリットがあるため、事前に理解しておくことが重要です。
規模の大きな店舗では様々な商品が取り扱われているため、初心者でも利用しやすいかもしれません。
しかし商品の数が多いからこそ大変なこともあり、利用しやすい店舗を見つけると良いでしょう。

ドンキせどりのメリットですが、商品を安く購入できることです。
取り扱われている商品や割引などのサービス内容は、店舗によって異なる場合もあります。
しかし一般的な小売店で仕入れるよりも、ドンキを利用した方がコストを削減できることもあるでしょう。

たとえば家電量販店や日用雑貨などが、とても安い相場で取り扱われていることもあります。
機能性に問題がなければ、ドンキ製のものでも高く売れるのではないでしょうか。
商品を安く仕入れて高く売る、また仕入れた価格よりも高く売るというせどりの基本に適していると言えるでしょう。

規模の大きな店舗を利用すれば、一度に複数のジャンルの商品を仕入れることができるというメリットもあります。
仕入れのために費やせる時間が限られている場合、小売店を何店舗も見て回ることは大変かもしれません。
ドンキには大型のスーパーやデパートのような規模の店舗もあるため、1つの店舗で集中的な仕入れができるでしょう。

ただし店舗の規模やジャンルの豊富さにより、リサーチ不足とならないように注意した方が良いです。
どのような商品が取り扱われているかチェックするために、時間がかかってしまう場合もあります。
本業が忙しい人が副業としてドンキせどりを行う場合、デメリットになるかもしれません。

店舗仕入れを行う場合、商品のバーコードを読み取り情報をチェックするという方法もあります。
スマートフォンのアプリを利用すれば、その場でどのような商品かをリサーチすることも可能でしょう。
ドンキの商品には独自のバーコードシステムが利用されている場合もあるため、情報をチェックできないかもしれません。

またドンキは個人の店舗ではなく、全国展開が行われているディスカウントストアです。
同じ商品でも店舗ごとに価格設定が異なるため、価格競争において不利となる場合もあるでしょう。

以上の通りドンキせどりには様々なメリットとデメリットがあるため、注意しなければなりません。
利用するつもりの店舗にどのようなデメリットがあるか理解しておくだけでも、損失を予防する上で役立つのではないでしょうか。

坂本よしたか

坂本よしたかのせどりメルマガへ

せどり情報集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事