坂本よしたか【相場クラッシャーとは?】

坂本よしたか【相場クラッシャーとは?】

坂本よしたかです。せどりをする時に注意したいのが、相場クラッシャーです。真面目にせどりに取り組んでいる人からすれば、とても迷惑な存在でしょう。ここでは相場クラッシャーについて詳しく見ていきます。

相場クラッシャーとはその名の通り、相場を壊す人を言います。
具体的には相場よりも安価な値段をつけて、商品を出品する人です。
どうしてこのようなことをするのかと言うと、仕入れた商品が売れないことが原因でしょう。
基本的にせどりとは安く買って高く売ることで成立します。
商品を仕入れることは誰でもお金を払えばできますが、売る方については商品に魅力がなければいけません。
ただ、どの商品であってもよほどの人気がなければ、すぐに売れることはないのです。
しかし、せどりは稼げると上辺だけの情報で安易に始めてしまった人は、すぐに売ろうという気持ちしかありません。
結果、ネットショップやオークションサイトに出品をしても、売れなければ簡単に値段を下げてしまうのです。

値段を下げたとしても相場より多少は低いという程度でしたら、そこまで問題にはなりません。
ですが、値段を下げても売れないことが続くと、在庫を整理するためか損切りのためか、あり得ない値段設定で出品をする人がいるのです。
例えば通常なら3000円ほどが相場の品物を、1円で出品するなどです。
結果、物は同じですから1円なら購入してもいいという人は多くいます。
そうした出品が増えると、相場そのものがどんどん下がっていくのです。
真面目にせどりで商売をしている人にとって、こうした相場クラッシャーのやり方のせいで、本来なら利益がでるのに赤字になったなどのケースは珍しくありません。
消費者からすれば安く購入できた方が得なので、相場通りだと売れなくなってしまうからです。

こうした相場クラッシャーの安易な考えのせいで、せどりそのものがしにくくなってしまいます。
自業自得であればまだ良いのですが、他の人にも迷惑がかかってしまうのが大きな問題です。
また、ネットショップとしても軒先を貸している店子が、相場を無視した値段で商品を売るのは良くありません。
本来の商売に支障がでることもありますし、売り上げに対して手数料がかかりますから、それが減れば利益にならないからです。
つまり、相場クラッシャーとは長い目で見れば、せどりそのものを壊してしまう存在だと言えるでしょう。
これからせどりを始めたいと考える人もいるでしょうが、実践する時には我慢をすることも大切です。

相場クラッシャーとは商品が売れないことから、相場から極端に外れた値段をつけて売る人のことを言います。
この行為はせどり全体を壊しかねないものですので、売れないとしても相場の価格をつけるのは重要です。

坂本よしたかカテゴリの最新記事