坂本よしたか店舗せどりのデメリット教えます

坂本よしたか店舗せどりのデメリット教えます

坂本よしたかです。店舗でのせどりをする場合に、デメリットとしてあげられるのが維持費などの経費がかかる点です。 この場合の維持費や経費というのは、どういったものを指すのでしょうか。坂本よしたかが詳しく確認をしていきます。

店舗せどりのデメリットである維持費や経費ですが、これは主に移動に関するものだと考えてください。
都市部であれば、仕入れのために店舗を回る時、電車やバスといった公共の交通機関を使うことが多いでしょう。
この場合、電車賃やバスの乗車運賃が経費となるのです。
また、大量に商品を仕入れた時は、自分の手で持って帰れないこともあります。
そんな時は宅配便などを使うことになり、その送料というのも経費の1つに数えられるでしょう。

地方でせどりをする場合ですと、都市部ほど公共の交通機関が発達していないケースが多いです。
そのため少し移動するのにも、車を使うことも珍しくありません。
この車のガソリン代が経費として考えられます。
また、車を保有している場合だと、車検代に税金、自賠責や任意保険なども維持費としてかかってくるでしょう。
せどり専用車でもない限りは、すべて経費として考えにくいのですが、店舗せどりでは必要となってきます。
ちなみに都市部に住んでいても、地方に遠征して仕入れに行くというケースもあります。
そうした場合は、地方へ行くための移動費も経費としてかかってくるでしょう。
場合によっては宿泊費なども、経費になる恐れがあります。

これらの経費は厳密に計算をしておかなければ、後になって赤字になってしまうかもしれません。
そのため、できるだけ経費がかからないようにするのも、大事なことだと言えるでしょう。
特に都市部から地方へと遠征する時には、仲間複数と車で行くなどすれば割り勘ができます。
確かに店舗せどりにおけるデメリットではありますが、その分売れ筋の商品が開拓できれば問題ありません。
そのためには事前に下調べをしておくのも、ポイントになるでしょう。
なるべく労力を少なくして、得られる利益を増やすのが、店舗せどりにおけるデメリット軽減のコツだと言えます。
ちなみに人目が気になるという人もいますが、なれれば問題ないでしょう。
ただ、開き直ってしまうのではなく、周囲の人に迷惑をかけないようにするのを忘れないでください。

店舗せどりをする時のデメリットの1つが、経費や維持費がかかるという点です。
都市部であれば、公共の交通機関の運賃だけなので、そこまでの負担にはならないでしょう。
反対に地方に住んでいる場合は、利益率の大きなものを狙っていく必要があります。

坂本よしたかのメルマガはこちら
せどり情報を集める



坂本よしたかカテゴリの最新記事