坂本よしたか 古物商許可証の必要性

坂本よしたか 古物商許可証の必要性

こんにちは。坂本よしたかです。
せどりを行う時に注意したいのが、古物商許可証です。
必要とする意見もあれば、せどりには必要ないとする意見もあり、どちらが正しいのか迷う人も少なくありません。
ここでは、せどりにおける古物商許可証について、詳しく考えていきましょう。

古物商許可証とは、中古品を売買する時に必要なものです。
中古品を買い取って売る、委託販売をする、別の物と交換するなどどのような場合でも必要になります。
ちなみに、実店舗での販売だけではなくインターネットでの販売でも、古物商許可証がなければ違反です。
反対に古物商許可証が必要ないのは、自分の物を売るといった時です。
フリーマーケットやオークションに自分で使っていたもの、無償でもらったものを売るのには必要ありません。
この自分の物を売る、というのがせどりに当たるのかどうかですが、転売目的で購入した場合は古物商許可証が必要となってきます。
つまり、せどりをするのなら古物商許可証は得ておくべきものだと言って良いでしょう。
飽くまでも自分の物と言い張る人もいるかもしれませんが、これは明確な違反となります。

ちなみに無許可での営業に該当した場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金と、重めの刑罰が待っています。
ちょっとくらいなら、わざわざ許可証をとらなくてもいいのではというのも通用しません。
基本的に中古の物を売る時には、古物商許可証がなくては販売してはいけないからです。
運転免許なしに車の運転をしてはいけない、のと同じになります。
また、規則違反をして逮捕されてからでは、古物商許可証は取得できなくなるので注意してください。

では、どうすれば古物商許可証を取得できるのでしょうか。
流れとしては特に難しいことはありません。
古物商許可証は、管轄となる警察署で申請をします。
特別な資格は必要ありませんが、外国籍の人であったり、先にお伝えしたように逮捕されたことがあると、申請できません。
窓口で申請書類の提出をし、この時に手数料となる19000円が必要となります。
その後、審査が行われることになり、認可がおりると許可証を交付してもらえる形です。
およそですが、申請から1ヶ月程度で許可がおりるでしょう。
特に難しいことはありませんが、申請に必要な書類の取得などは専門家に依頼する方法もあります。

せどりをするのなら、古物商許可証は必須です。
自分の物をオークションやフリーマーケットで売る分にはいいですが、転売が目的の場合は必ず必要なので忘れないように申請しておきましょう。

坂本よしたか

坂本よしたかのせどりメルマガへ

せどり情報集める



坂本よしたかカテゴリの最新記事