せどりは利益率と回転率どちらを重視するべきか?

せどりは利益率と回転率どちらを重視するべきか?

こんにちは!坂本よしたかです。 せどりのように商品を仕入れて売りに出すビジネスの場合、気にすべきポイントが二つ存在します。
一つは商品に対して期待できる利益率、そしてもう一つは在庫に関係する回転率です。
ビジネスにおいてはどちらも重要ですが、せどりではどちらを重視すべきなのでしょうか。

まず利益率とは利益を何かで割り求める比率のことで、効率性に重点を置いて収益力や競争力などを指標化します。
そして回転率は在庫回転率とも呼ばれており、保有する平均在庫が販売される回数を表したものです。

せどりの商品には大きく二つのタイプが存在します。
一つは利益率が高く回転率が低い商品、そしてもう一つは回転率が高く利益率が低い商品です。

資金に余裕がある人はどちらでも仕入れることができるでしょう。
もしせどりを始めたばかりなどの事情で資金に余裕がない場合、利益率よりも回転率の方を重視することをおすすめします。

手っ取り早く儲けるために、利益率ばかりを重視してしまう人もいるでしょう。
しかし利益率を重視して回転率を無視してしまうと、商品が売れるまで資金がストップしてしまいます。
機会損失に陥る可能性があるため、回転率を重視した方が長期的なせどりが可能となるのです。

たとえば売れれば1万円の利益が発生する商品があるとします。
一度売るだけで1万円が入ってくると考えれば、魅力的に感じるかもしれません。
しかし売れずに在庫として残ってしまえば、1万円は入りません。
商品の性質によっては管理コストが大きくなり、1万円以上の損失が発生する場合もあります。

1万円の商品を一つ売るのであれば、回転率が高い1,000円の商品をバンバン売って資金を回転させた方が良いでしょう。
回転率が高ければ在庫として残りにくく、管理コストも抑えられるのではないでしょうか。
一度のせどりで得られる利益には限りがあるかもしれませんが、回転率の高さを利用して利益を得られる回数を増やせるはずです。

せどりの勢いが増して資金が増えれば、仕入れることができる商品の数や種類も増えます。
特定のジャンルの商品を集中的に仕入れることは良いです。
しかしビジネスの幅を広げるという意味では、回転率が欠かせないでしょう。

せどりの利益率と回転率についてまとめますが、資金に余裕があればどちらを重視しても大丈夫です。
資金に余裕がない状態からチャンスを掴みたいのであれば、せどりの回数で勝負をする回転率を重視することをおすすめします。

坂本よしたかLINE@はこちら



坂本よしたかカテゴリの最新記事