Amazon輸出!メリットデメリットのまとめ

Amazon輸出!メリットデメリットのまとめ

こんにちは!坂本よしたかです。
ここ数年で副業として高い人気を誇っているのが、Amazon輸出です。
Amazonは本拠地となるアメリカだけではなく、日本を含めて世界各国で展開をしています。
このAmazonを使った輸出を副業にする人が多いのですが、どんなメリットとデメリットがあるのかを考えてみましょう。

最初にAmazon輸出のメリットから考えていきます。
Amazon輸出の基本となるのは、海外のAmazonにセラー登録をして日本の商品を売るという形です。
無在庫での販売もできるため、手持ちの資金が少ないという人でも実践できます。
また無在庫販売は在庫リスクがないため、誰でも始めることができるでしょう。
そこで軌道に乗ってきたら、FBA販売に切り替えていきます。
日本のAmazonでもできるFBAは、アメリカでも可能です。
商品の梱包や発送などの手間を省いて、購入者の対応もしてくれるため非常に便利なサービスだと言えます。
手数料はかかってしまいますが、本格的にAmazon輸出をするのなら不可欠でもあります。
方法論が確立されていることもあって、無料のノウハウであっても十分に活用して初心者でも稼ぐことができるでしょう。
またAmazon輸出はツールなども豊富ですので、効率良く転売作業を行えるのがポイントです。

では反対に、デメリットもあげておきます。
無在庫販売をする時のデメリットになるのが、アカウントが停止されてしまうリスクがある点です。
Amazonは複数の要素で出品者を評価していて、この評価が下がってしまうとアカウントの停止処分になります。
特に始めたばかりの頃は取引数が少ないため、在庫を確保できなかったことで起こるキャンセルをしているとリスクが高まるのです。
他にも発送遅延や商品紛失、商品の破損などでも評価が下がってしまうので注意しておきましょう。
しかし商品の紛失や発送遅延、破損などは輸出を業者に依頼する以上、ある程度の確率で起こってしまうものです。
そのため無在庫販売をするのなら、確実に在庫が用意できるものから出品していくといいでしょう。
また評価が低いほど売れにくいというのは、海外でも同じです。
そのためAmazon輸出がかんたんだといっても、最初はなかなか取引数は伸びていきません。
仮に売れる商品であっても、他に競合する出品者と比較してよほど魅力的でなければ難しいでしょう。
しかしこれは取引数の増加とともに解消されるはずです。

Amazon輸出のメリットとデメリットでした。
メリットは初心者でも始めやすいことで、資金が少なくても問題ありません。
デメリットはアカウント停止のリスクがあること、最初はなかなか取引数が伸びないことです。

坂本よしたかLINE@はこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は LINE@_484×272_0.jpg です



坂本よしたかカテゴリの最新記事